Ours is essentially a tragic age, so we refuse to take it tragically. The cataclysm has happened, we are among the ruins, we start to build up new little habitats, to have new little hopes. It is rather hard work: there is now no smooth road into the future: but we go round, or scramble over the obstacles. We've got to live, no matter how many skies have fallen. This was more or less Constance Chatterley's position. The war had brought the roof down over her head. And she had realised that one must live and learn.
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
■■NOTICE■■
記事の写真(含・画像)は縮小表示されています。
写真をクリックすれば別ウィンドウが開き、原寸でごらん頂けます(別ウインドウのサイズは手動で調整してください)。
別ウィンドウは写真上でクリックすると自動で閉じます。
about 京都クルーズ
本丸はこちらです。


カテゴリ
検索
以前の記事
タグ
その他のジャンル
最新の記事
京都景観賞
at 2014-02-23 23:05
仁丹町名看板「下椹木町通千本..
at 2014-02-21 19:58
レプリカ仁丹
at 2014-02-19 14:18
曾根崎心中・道行き(通釈)
at 2014-02-15 01:07
曾根崎心中・道行き
at 2014-02-13 05:15
漢字の読み方
at 2014-02-11 06:03
鬼めぐり
at 2014-02-08 14:26
鬼の話
at 2014-02-05 23:22
献灯の刻名 ~山国隊(6)
at 2014-01-31 23:29
葵公園
at 2014-01-29 02:24
山国隊スタイル ~山国隊(5)
at 2014-01-22 21:34
鏡ヶ原 ~山国隊(4)
at 2014-01-20 23:17
桜色?
at 2014-01-18 23:39
戊宸行進曲 ~山国隊(3)
at 2014-01-16 20:50
雪の木の根道
at 2014-01-12 16:55
山国隊灯籠 ~山国隊(2)
at 2014-01-09 19:01
山国隊(1)
at 2014-01-07 22:03
祇園閣・京都タワー・時代祭 ..
at 2014-01-04 03:43
時代祭、大いなる仮装行列 ~..
at 2013-12-30 16:58
本物でないということ ~キッ..
at 2013-12-28 15:48
なんとなく四字熟語
推奨ブラウザ
・Mozilla Firefox
・Google Chrome
・Opera

インターネットエクスプローラではコンテンツの一部が正確に表現されない可能性があります。
2013年 12月 14日
キッチュの大衆親和性 ~キッチュ愛(9)
京都市内で目を引く建築をランダムに並べてきたが、いい加減に本題のキッチュ談義に戻らねばならない。そもそもキッチュとは何かといった定義のところで右往左往しているのが現状なのだが、関連する文献を読んでみても確乎たる定義は見当たらない。グリーンバーグ風にいえば、真正の芸術に対してその形だけを真似た偽物であり、下層階級の人々が抱くところの、普段は馴染みのない芸術的なものをお手軽に味わいたいという志向を実現するために作られるもの、といったあたりの説明になる。しかし、上流階級や下層階級がどうたらこうたらという設定が通用するのは遠い昔の話であり、それ以前に真正の芸術という話を持ち出した段階で、ではその真正さは何によって担保されているのかといった問題にもなってくる。

大量生産と大量消費によってその特質が語られる大衆社会がモダニズムなる思想やライフスタイルを生み出したのは確かだが、キッチュと呼ばれる事物が世の中にあふれるようになったのも、それと軌を一にしている。その意味では、キッチュはモダニズムの裏返しだとも言えそうなのだが、『モダンの五つの顔』という本(マティ・カリネスク著,原著は1977年,1987年に増補改題)にはキッチュの定義をめぐっての苦闘が吐露されている。
さて、キッチュとはなにか。それは低級な芸術である--その直接の語源が示唆するように芸術と文学の屑である、と言うだけで十分か。あるいは、キッチュとはまず虚偽の芸術であって、偽造、贋作、虚言といった一筋縄でいかないカテゴリーとの関連で判断されるべきだ、という考えに賛成すべきか。また、もしキッチュと虚偽の関係が認められるなら、その関係は、キッチュは「悪趣味」の同義語にすぎないという広汎な意見を説明できるか。そして、悪趣味とはなにか。悪趣味としてのキッチュは、おもに美的な枠組みで論じられるべきか。それとも、社会学的にある種のイデオロギー的な逃避として考えられるべきか。さらに、もし倫理的アプローチが正当であれば、一歩すすめてキッチュを神学的に、究極的には悪魔の仕業、咎められるべき罪悪として描けないか。これらの問いがキッチュとの関係で提出されてきたし、問題は、ある程度はそれらすべてが的外れでないことなのだ。
『モダンの五つの顔』(富山英俊+栂正行共訳,せりか書房,1995)
翻訳文ならではのまわりくどさはさておき、キッチュの特質をめぐってさまざまな議論がなされていることがわかる。「屑」「偽物」と断じるのも一つの意見であるし、当方も当初はそのように考えていた「悪趣味」という側面が強調されるのも事実なのである。倫理的とか神学的とかになるとすれば、それはおそらく悪趣味の中に美を追究する立場を問題にするものかと思うが、いずれにしてもキッチュなるものに対しては多岐にわたるアプローチがなされており、加えて引用の最後にあるように「ある程度はそれらすべてが的外れでない」という厄介な現実が横たわる。

さらにここへもう一つ特性を加えるとすれば大衆との親和性を挙げるべきだろう。大衆迎合性といってもいい要素だが、これはグリーンバーグの段階でも夙に指摘されていた。それがより明確になるのは建築様式の議論でキッチュが取り沙汰される時のことである。グリーンバーグの論調によれば、大衆は教養がないからコケオドシ的な威風に靡きやすく、ヒットラーやムッソリーニの全体主義体制はそれを巧妙に利用したとするところである。視点を日本に向けた時、類似の現象は井上章一氏の文章にも窺われる。戦時下で計画された「忠霊塔」のデザインが公募された時、伊東忠太ら大家の日本趣味も、岸田日出刀らモダニストたちの主張も退けられ、巨大なお墓と評されるシンプルなデザインが選ばれた。井上氏はそのことを「墓石をそのまま大きくしたようなデザインには、いわゆるアートとしての要素が希薄である。極めて大衆的な造形、すなわちキッチュそのものといってよい」と評する。また審査結果に対する当時の建築家の感想を引用しつつ「『普通の人が誰が見てもまあまあと思』える図案、『万人向きのする』図案。そうしたものこそが、この(=忠霊塔の)競技設計では求められていたのである」とも記している。このように、忠霊塔計画には、分かりやすさが前面に押し出されていたことはリアルタイムでも認識されていたらしく、そうした分かりやすさこそがキッチュであるという。これはヒットラーやムッソリーニが採用したコケオドシ的な威風とは異なりはするが、人々の心に浸透しやすいという側面では共通する。

なおグリーンバーグが言うところの「教養がないので」の部分が階級差ありきの視点から発せられているのはいうまでもないが、そうした視点に立たずとも、キッチュが広く人々の心を捉えやすいことは理解できるはずである。ここで分かりやすさの根拠そのすべてを教養の有無や階級の高低に求めるとすれば話はぶちこわしになろう。キッチュと呼ばれる文化現象が注目を集めるようになった初期段階なら教養や階級に問題を還元することができたかも知れないが、建築に限らず、映画にせよ音楽にせよ、あるいは文学や絵画その他あらゆるジャンルで発生した第二次世界大戦後の潮流を見れば、階級の高低だの教養の有無だのいった事象がキッチュと決定的な結びつきを持つわけではないことは明白である。カリネスクの前掲書では金持ちがレンブラントを自宅の階段に飾って見栄を張るケースもキッチュにカウントするが、そうした拡大解釈を待たずとも、現代社会ではキッチュ志向が普遍的な現象となっている。むしろキッチュという名を付されて貶められていた様式に、今まで見落とされていた価値を探ることの方が主流になっているというべきだろう。言葉を替えれば、キッチュを否定的にしか見てこなかった枠組み、すなわち真贋や美醜に絶対不変の基準を求める古典的な枠組みの見直しが求められているということである。

かつて尾上松之助が一世を風靡していた頃、谷崎潤一郎が苦虫を噛みつぶしたような感想を述べたという話も聞く(出典未確認)。谷崎自身が若いころは活動写真の脚本屋をやっていたというから、その話も草創期の映画に対する全否定とはニュアンスが違っている可能性もあるが、現在では芸術の一分野に収まっている映画も当初はキッチュに数えられていた。またグリーンバーグが代表的な事例で挙げているティン・パン・アレーもポピュラー音楽の発祥地だし、我々に身近なところでは日本の経済戦略の一翼を担うとされるクールジャパンを持ち出すのもいいだろう。クールジャパンの名の下で展開されている、かのコンテンツ産業は、その大部分はキッチュの括りに収まっていた事象に起源を持っている。

キッチュと呼ばれ、かつては低く見なされていたさまざまな現象が、21世紀の現在に舞台を移すと扱いが変わってしまうわけだが、そうした変貌ぶりもキッチュの特徴と言えそうだ。遠い昔がそうであったような、社会全体で共有されていた重たい価値観が失われ、多様性という看板の下で善し悪しの基準も見えづらくなっているのが現代社会であるとすれば、個別の事象が独自の価値を主張しやすくなっているということである。極端な言い方に走れば、昔の基準に照らしての評価に関わらず、声の大きな人が「これはいい!」と叫ぼうものなら、たちまちにして同調者が現れるといったことも起こりうる。キッチュそれ自体が大衆心理との親和力をもっていることに加え、ファッショ的な煽動に利用できることはすでに実証されているので、意図的に流行を作ることも可能なのである。もちろん作為的な流行に対しては頻繁に批判も起きてはいるが、巧妙に仕組まれて気づかぬうちに流行に踊らされていることもある。また流行は自然に起こるものではなくて作るものだとするのは、某業界では常識であるとも仄聞するところだし、現代がそうした業界に身を置く人の発言力の大きい社会であるのは、考えようによっては、社会におけるキッチュの役割が大きくなっていることの現れだろう。

さて、キッチュの定義をめぐって話を進めようとしたのだが、キッチュはさまざまな顔を持って現れることの確認が関の山のようだ。贋物性、低俗性といった古典的に指摘されてきたマイナス面が強調されることもあれば、キャンプと呼ばれる様式のように、もともとは悪趣味としか見なされていなかったにもかかわらず、独自の存在感をもって語られることもある。また現象面を強調するなら、大衆との親和性や煽動性は、キッチュの語源的な定義を覆すくらいのインパクトを伴う重要な属性である。キッチュなるものを考える以上、そうした曖昧さは持ち続けざるを得ないようだが、それを承知の上で、祇園閣をキッチュという文脈で考えてみたい。





【キッチュ愛】
祇園閣とキッチュ / 俗悪・バッタもん・キッチュ / "AVANT-GARDE AND KITSCH"(1) / "AVANT-GARDE AND KITSCH"(2) / "AVANT-GARDE AND KITSCH"(3) / "AVANT-GARDE AND KITSCH"(4) / 建築様式とキッチュ / 京都の近代建築 / 古典・帝冠・キッチュ・モダニズム(1) / 古典・帝冠・キッチュ・モダニズム(2) / 古典・帝冠・キッチュ・モダニズム(3) / キッチュの大衆親和性 / 祇園閣のキッチュ性 / 祇園閣から京都タワーへ / 京都タワー擁護論 / 本物でないということ / 時代祭、大いなる仮装行列 / 祇園閣・京都タワー・時代祭

[PR]


トラックバック送信元記事にこのブログへのリンクが存在しない場合はトラックバックを受け付けません。
         
by office34 | 2013-12-14 20:03