Ours is essentially a tragic age, so we refuse to take it tragically. The cataclysm has happened, we are among the ruins, we start to build up new little habitats, to have new little hopes. It is rather hard work: there is now no smooth road into the future: but we go round, or scramble over the obstacles. We've got to live, no matter how many skies have fallen. This was more or less Constance Chatterley's position. The war had brought the roof down over her head. And she had realised that one must live and learn.
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
■■NOTICE■■
記事の写真(含・画像)は縮小表示されています。
写真をクリックすれば別ウィンドウが開き、原寸でごらん頂けます(別ウインドウのサイズは手動で調整してください)。
別ウィンドウは写真上でクリックすると自動で閉じます。
about 京都クルーズ
本丸はこちらです。


カテゴリ
検索
以前の記事
タグ
その他のジャンル
最新の記事
京都景観賞
at 2014-02-23 23:05
仁丹町名看板「下椹木町通千本..
at 2014-02-21 19:58
レプリカ仁丹
at 2014-02-19 14:18
曾根崎心中・道行き(通釈)
at 2014-02-15 01:07
曾根崎心中・道行き
at 2014-02-13 05:15
漢字の読み方
at 2014-02-11 06:03
鬼めぐり
at 2014-02-08 14:26
鬼の話
at 2014-02-05 23:22
献灯の刻名 ~山国隊(6)
at 2014-01-31 23:29
葵公園
at 2014-01-29 02:24
山国隊スタイル ~山国隊(5)
at 2014-01-22 21:34
鏡ヶ原 ~山国隊(4)
at 2014-01-20 23:17
桜色?
at 2014-01-18 23:39
戊宸行進曲 ~山国隊(3)
at 2014-01-16 20:50
雪の木の根道
at 2014-01-12 16:55
山国隊灯籠 ~山国隊(2)
at 2014-01-09 19:01
山国隊(1)
at 2014-01-07 22:03
祇園閣・京都タワー・時代祭 ..
at 2014-01-04 03:43
時代祭、大いなる仮装行列 ~..
at 2013-12-30 16:58
本物でないということ ~キッ..
at 2013-12-28 15:48
なんとなく四字熟語
推奨ブラウザ
・Mozilla Firefox
・Google Chrome
・Opera

インターネットエクスプローラではコンテンツの一部が正確に表現されない可能性があります。
2013年 12月 23日
祇園閣のキッチュ性 ~キッチュ愛(10)
また間隔が長くなってしまったが、祇園閣の話を続ける。文化財指定も受けており、非公開文化財の特別公開で数年に一度、公開される時にはけっこうな人気スポットになる建物が「キッチュ」という概念で捉えられるのかどうかという話である。キッチュの定義をめぐって煮え切らない長談義を続けてきたが、オーソドックスな理解でいえばキッチュなるものは近代社会の産物であり、イタズラにケバケバしいものといったあたりで理解できる。その一方でキッチュのキッチュたる所以である「ケバケバしさ」こそが大衆社会を象徴する要素であり、現代文明それ自体であるといった理解もある。そうなってくると、頭ごなしの否定は難しくなり、それどころか、油断していると肯定と否定がすぐに逆転してしまうことにもなる。したがってキッチュなるものの定義といった難問はひとまず脇に除けておいて、祇園閣がキッチュにあたるのではないかと感じた最初のところへ戻ってみる。

まず祇園閣の姿は異様に目を引くデザインであることは疑いがない。しかし、その異様さはどこから来ているのだろうか。山鉾の形から来るものなのか、それとも固定された建造物が山鉾を模しているという事実からなのか。あるいは井上章一氏が帝冠様式をキッチュと断じた根拠であるところの、取って付けたような和風テイストから来るものなのか。確かに祇園祭は、京都のシンボル的なイベントであり、山鉾はその代名詞でもある。しかし、山鉾の存在自体が美しいかどうかと問われるとどうだろう。歴史的なところを振り返っても美的センスの追求云々といった次元ではなく、鉾町に暮らす町衆の意地や虚栄が懸想品の豪華さを生み出していったのは事実だろう。より目立つもの、より豪華なものが求められていたのであれば、その先に生み出されてくるものは紛れもないキッチュである。祇園祭それ自体にキッチュ性が見いだされるとすれば、その華やかさないし繰り出される山鉾の豪華さを建造物に再現しようとする発想は、紛れもなくキッチュ志向である。見る者を驚かせるというニュアンスでいえば、楳図かずおのまことちゃんハウスに通じるものがあるのかも知れない。

なお祇園閣のキッチュ性を問うのであれば、その誕生秘話は紹介するに値する。大雲院の所有となっている祇園閣は、もともとは大倉喜八郎が晩年に建造したものであるのは、多くのガイドブックが紹介するところである。大倉財閥の創始者であり、日本近代を代表する政商、大倉喜八郎である。そうした事実だけで成金臭をかぎつける向きもあるが、こと祇園閣一つを取り上げてみれば、実は絵に描いたような成金ぶりが発揮されている。『鯰 元祖"成り金"大倉喜八郎の混沌たる一生』という本がある。喜八郎の息子、大倉雄二氏の著作である。サブタイトルにも現れているように無条件な礼賛に満ちあふれた偉人伝ではない。また同時代のルポライターがスキャンダラスに描く筆致とも違い、微妙な風合いを醸す喜八郎伝となっている。その中に、晩年のエピソードで祇園閣の一件が紹介されているのだが、描く対象と筆者との間合いが感じられる一節でもあるので、長めに引用してみる。
 喜八郎はいつのころからか、京都東山区祇園の円山公園に隣接する一帯、約五千五百坪を所有していた。通称真葛ヶ原といい、京都全市を一望のもとに納める高台である。
 ここを手に入れたのは、伊藤博文公の記念に神戸市へ大倉山を寄付したあとに違いない。京都に別荘を持つことが明治期の富豪のステイタスシンボルであった。山県有朋はもちろん、多くの貴顕富豪がこの地に洒落た庵を結んだ。のちに彼は、そのうちの二千坪を宅地にする。苔寺を模して杉苔を敷き詰めた庭には振りのよい赤松が風に鳴り、風雅な建物の蔀戸越しに東山が見え、杉戸を開けば鞍馬石のつくぱいの陰に微かな流れの気配がする。春はウグイスが啼き秋は雁が渡る。
 万事、源氏物語絵巻風なのは夫人の好みである。八十歳代にこれを建てた喜八郎は、ここを将来の隠居所にするつもりでいた。
 設計したのは日本建築界の草分け、伊東忠太である。ある日、喜八郎は彼を自宅に呼んで、別荘の敷地の中にこういうのを建ててくれと言いだして伊東をびっくりさせる。
「わしは子供のとき、雨風の強い日に使いに出されて、土手を歩いていると傘がおちょこになった。あの形が、あなた、面白いと思いましてね」
「私もありますよ。ぼっという音と一緒に傘の柄に来る手応えがたまりませんでした。思い出しますなあ」
「そうですか、あなたもあれが面白いとお思いか。じゃったら、わしの望みを聞いてくださらんか」
 彼が伊東に頼んだのは、おちょこになった番傘を高い屋根に載せた塔であった。それをこの苔庭のある落ち着いた京風の屋敷内におっ建てて、「わしという男が生きていた印とわしの幼時の記念にしたいのじゃよ。どうですか伊東さん」、とにこにこ笑っている喜八郎の顔を見たとき、彼は開いた口が塞がらなかった。
 一度言いだしたらそれが絶対命令の彼をよく知っているから、珍妙な石膏模型を造って彼に見せた。たぶんできるだけ恰好の悪い、どうやらオブジェのような見ただけでおかしくなりそうなのを造って見せ、「これはいかん」と言わせてそのプランは中止になった。
 しかし、喜八郎がおとなしく引き下がるはずはない。きっとまたへんてこな注文を出してくるぞと言っているうちに、研究室にまた電話がかかってきた。
 今度は、祇園の山鉾をそのまま建築にして高い石積みの上に二層の展望台を造り、京都名物にしたいと意気込んでいる。これは伊東も、前のよりはましだと引き受けた。
『鯰』(大倉雄二氏,文藝春秋社,1990)
真葛ヶ原に別荘を営むのはさておき、その庭にトンデモ物件を置こうとする発想に対しては好意的な評価は難しい。大倉雄二氏の筆に描かれる伊東忠太の反応も「伊東をびっくりさせる」「~開いた口が塞がらなかった」「またへんてこな注文を出してくるぞと言っているうち~」等々、喜八郎の依頼がトンデモ物件であったことを伝えている。この顛末は、喜八郎の追悼文集『鶴翁余影』によせた伊東忠太の文章が下敷きになっているわけだが、祇園閣の発端となった逆番傘タワーの計画は、今風の言葉でいえば、まさに"想像の斜め上を行く"ものだったようだ。そしてその逆番傘タワーはお蔵入りとなったものの、その延長線上にあって、まだ現実味の感じられるものとして出てきたのが祇園閣プランであった。とすれば伊東の判断で「前のよりはましだ」となったものであるにせよ、祇園閣も金持ちの道楽というか、成金趣味が炸裂するものであったことは想像に難くない。

ところで、喜八郎が第二案で出してきた山鉾風の楼閣に対して伊東が「前のよりはましだ」と判断したのは、帝冠様式が念頭にあったように思われる。井上章一氏に掛かれば、様式それ自体がキッチュとのレッテルを貼られるのだが、和風を前面に主張する近代建築は当時の伊東にとっても身近に感じられるテーマだったに違いない。

こうやって見てみると、モチーフとなった祇園祭にもキッチュに通じる属性があるだけでなく、祇園閣実現への局面の一つひとつにキッチュ性もしくはキッチュに隣接するなにがしかの要素が見て取れる。




【キッチュ愛】
祇園閣とキッチュ / 俗悪・バッタもん・キッチュ / "AVANT-GARDE AND KITSCH"(1) / "AVANT-GARDE AND KITSCH"(2) / "AVANT-GARDE AND KITSCH"(3) / "AVANT-GARDE AND KITSCH"(4) / 建築様式とキッチュ / 京都の近代建築 / 古典・帝冠・キッチュ・モダニズム(1) / 古典・帝冠・キッチュ・モダニズム(2) / 古典・帝冠・キッチュ・モダニズム(3) / キッチュの大衆親和性 / 祇園閣のキッチュ性 / 祇園閣から京都タワーへ / 京都タワー擁護論 / 本物でないということ / 時代祭、大いなる仮装行列 / 祇園閣・京都タワー・時代祭

[PR]


トラックバック送信元記事にこのブログへのリンクが存在しない場合はトラックバックを受け付けません。
         
by office34 | 2013-12-23 18:43 | 街角の風景