Ours is essentially a tragic age, so we refuse to take it tragically. The cataclysm has happened, we are among the ruins, we start to build up new little habitats, to have new little hopes. It is rather hard work: there is now no smooth road into the future: but we go round, or scramble over the obstacles. We've got to live, no matter how many skies have fallen. This was more or less Constance Chatterley's position. The war had brought the roof down over her head. And she had realised that one must live and learn.
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
■■NOTICE■■
記事の写真(含・画像)は縮小表示されています。
写真をクリックすれば別ウィンドウが開き、原寸でごらん頂けます(別ウインドウのサイズは手動で調整してください)。
別ウィンドウは写真上でクリックすると自動で閉じます。
about 京都クルーズ
本丸はこちらです。


カテゴリ
検索
以前の記事
タグ
その他のジャンル
最新の記事
京都景観賞
at 2014-02-23 23:05
仁丹町名看板「下椹木町通千本..
at 2014-02-21 19:58
レプリカ仁丹
at 2014-02-19 14:18
曾根崎心中・道行き(通釈)
at 2014-02-15 01:07
曾根崎心中・道行き
at 2014-02-13 05:15
漢字の読み方
at 2014-02-11 06:03
鬼めぐり
at 2014-02-08 14:26
鬼の話
at 2014-02-05 23:22
献灯の刻名 ~山国隊(6)
at 2014-01-31 23:29
葵公園
at 2014-01-29 02:24
山国隊スタイル ~山国隊(5)
at 2014-01-22 21:34
鏡ヶ原 ~山国隊(4)
at 2014-01-20 23:17
桜色?
at 2014-01-18 23:39
戊宸行進曲 ~山国隊(3)
at 2014-01-16 20:50
雪の木の根道
at 2014-01-12 16:55
山国隊灯籠 ~山国隊(2)
at 2014-01-09 19:01
山国隊(1)
at 2014-01-07 22:03
祇園閣・京都タワー・時代祭 ..
at 2014-01-04 03:43
時代祭、大いなる仮装行列 ~..
at 2013-12-30 16:58
本物でないということ ~キッ..
at 2013-12-28 15:48
なんとなく四字熟語
推奨ブラウザ
・Mozilla Firefox
・Google Chrome
・Opera

インターネットエクスプローラではコンテンツの一部が正確に表現されない可能性があります。
2004年 07月 13日
京都の学食バトル
a0029238_234947.jpg
ちと事情があって京都市内の大学で学食巡りをするハメになった。
本日は京都造形芸術大学。
女の子も多い大学で、ダイエット茶とサラダで昼飯にしている子もいるような環境なのに、メニューには、特大とんかつと特大チキンカツが……。実際はショーケースに出ているものほどは特大ではなかったし、ヤローもいるのだから、こういうのも必要とする大食漢もいるのだろう。しかし、はっきりいってアンバランス。

いくつかまわってみたろことでの印象でいえば、メニューの品数が多いのは京大。バリエーションというか、工夫が凝らされているのは立命館。外部業者(除・不二家商事)が入って活気があるのは同志社といったところか。

話のネタとしてユニークなのは、カレーの専門店がある産大かな?
[PR]


トラックバック送信元記事にこのブログへのリンクが存在しない場合はトラックバックを受け付けません。
         
# by office34 | 2004-07-13 23:51 | 気になるお店
2004年 07月 09日
長代川にかかる橋
岩倉にある一条山の西側、鞍馬街道のバイパスが開通した。このバイパスの工事で長代川の付け替えが行われたというのだが、長代川にかかる二つの橋が気になっていた。
 一つは、木野駅の近くにある「あんた橋」。バイパスが開通したことに伴う交通整理の係員によれば、「川が付け替えられたので、橋は新しい」という。確かに欄干には平成十五年竣工と書かれている。しかし、現在の橋が、平成十五年竣工かもしれないが、この付近で長代川を越える橋は、古くからあったはず。でなければ、「あんた橋」といった奇怪な名前にはならない。そのあたりの事情が知りたいのだが、手がかりはない。
 もう一つは「頼光橋」。源頼光の「頼光」に違いない。精華大方面からバイパスに出てきて、叡山線の線路を越えたところにかかる橋だ。こちらも現在の橋は新しい。しかし、橋の西側には大正時代の年次を刻む石碑が残っている。文字も潰れていてよく読めないのだが、「京都のいしぶみ」にデータが出ていた。それによれば、

[北] 三宅八幡(以下埋没)
   岩倉観世(以下埋没)
[西] 頼光橋
[南] 大正十二年一(以下埋没)

となっているらしい。要するに頼光橋のたもとに立っていた古い道標である(ちなみに岩倉観世音とは大雲寺の別名)。
 この頼光橋に関しては、源頼光との関わりが気になるわけだ。なんらかの伝説が絡んでいるとは思うのだが、こちらについても未調査である。
[PR]


トラックバック送信元記事にこのブログへのリンクが存在しない場合はトラックバックを受け付けません。
         
# by office34 | 2004-07-09 03:54 | 橋のはなし